FC2ブログ
PageTop
2010 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 02








リッチモンドさんホテル3 ~さらば、リッチモンドさんホテル~

なにが「3」なんだか……。

また火曜日から札幌に出張できています。
今回もリッチモンドさんホテルに泊まっています。
ここのホテルは快適ですが、ルームメイクの人はおもしろいです。
今回も前回と同じ部屋でした。
ルームナンバーはうろ覚えだったので自信なかったのですが、スボンプレッサーのコンセントを見てピンときました

前回来たときバスルームの前の狭い通路にスボンプレッサーを置いておいたのですが、仕事から戻ってきたら、コードがはずれたままになってました。
※これは今回の写真です。

ズボンプレッサー20110119

ズボンをプレスしようとして、コンセントを差しこもうとしたら、はいりませんでした。
はい。おばちゃんが足でひっかけはったんやと思います。
コンセントが、ひん曲がってました

コンセント0110119_convert_20110120072946[1]

床におしつけて修正し、なんとか差しこめるようにしました。
今回コンセントを差しこもうとしたら、見覚えのある形状でした。
なんか懐かしかったです。

リッチモンドさんホテルには、しょっちゅう泊まっているので、フロントのおねーさんの顔がだいたいわかります。
むこうも、
「こいつしょっちゅう泊まりにきよるな~」
と、思ってはると思います。
みなさんビューティホーで愛想がよい方ばかりです。
フロントのおねーさんは、だいたいニッコリスマイルしてくれはるのが当たり前ですが、なぜだか、ぼくの顔を見るとクスクスと笑う人が多いのです
夜帰ってきたときとかに、ぼくがなにかやらかしてるのでしょうか?
たとえば、このホテルは12時になると入口がしまって、カードキーを差しこまないといけないのですが、ぼくは合計30泊近くしているのに、いまだにその場所を知らないのです。
2時や3時に帰ることはしょっちゅうですがホテルの入口はしまっているはずです。
ぼくは、いつもどうやってホテルに入ってるのでしょう!?
きのうの夜、すべてが判明しました。

ぼくは飲み会のあと12時過ぎに、ほろ酔い気分でリッチモンドさんホテルに帰りました。
ロビーには、こうこうと明かりがともっていますが、自動ドアがあきません。
入れてくれへんのです
しばしボー然としていると、おねーちゃんが笑顔で迎えにきてくれてドアをあけてくれました
ありがとうございます

たぶん、きのうまで……。

①ホテルのドアをドンドン叩いて「開けて~~~」「たすけて~~~」と叫んでいた。
②力尽きてホテルの前で寝ているところを救出された。

どっちかなんでしょーね。
たぶん、どっちもやってるんでしょーね。

リッチモンドさんホテルのみなさま、ほんとありがとうございました。
迷惑かけてごめんなさい。
シングルルームなのに、なぜがクッションがふたつあるリッチモンドさんホテル……。

リッチモンドさんホテル枕Ν20110119_convert_20110120073040[1]

さびしくて、眠れなくて、枕を涙で濡らした夜が幾夜あったことでしょう
ぼくはリッチモンドさんホテルが大好きですが、御世話になるのは今度が最後になるかもです

====================
ブログランキングに参加しております(o^-^o)
よければ、ポチッとお願いしますm(._.)m

Ctrlキーを押しながらクリックすると全押し楽チンみたいです(^○^)
でも、画面がいっぱい開いて迷惑かもしれません(≧≦)
ごめんなさんね~(。≧Д≦。)

『拍手』も、とても、うれしいです(⌒▽⌒)
====================



にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[ 2011/01/20 21:00 ] 身辺雑記 | TB(0) | CM(14)