FC2ブログ
PageTop








ちょっぴり失意の比奈知ダム(2)

名張市街を抜け山道にはいると、逆に都会になったというか、大きなショッピングセンターが目の前に現れました。
桔梗が丘という住宅地みたいです。
野宿地を探し求めるぼくは不安になります。
「ほんまにこんなところにダムあるんかいな?」

しばらく走ると山道になり、ほっと一安心。
『比奈知ダム親水公園』という標識が見えました。
思わず「ウッシャッ、シャッ」と笑いながら、迷わずそちら方面へバイクを走らせます。
2、3分山道を下ると素晴らしい公園が目の前に現れました。

こんなええところやのに1_convert_20100919162947

何組かファミリーが水遊びをしていますが、夕方には帰るでしょう。
その後は、ぼくのプラべート野宿地やん!
しかし、現地調査のため、うろうろしていたら無情にも『キャンプ禁止!!』と書かれた看板がありました。
「が~ん
残念ですが、無用なトラブルは避けなければなりません。
テントをはって、酒を飲んでから
「キャンプ禁止なので出て行ってください」
と、いわれたら最悪です。
おとななぼくは、あきらめて次の野宿地を探すことにしました。
この立て看板が、この後のぼくに暗い影を落とすことになろうとは、このときは知る由もありませんでした……。

しばらく川沿いを走ると、またしても素晴らしい公園がありました、

こんなええところやのに2_convert_20100919163221

一面の芝生、東屋、トイレつきです!
ここもさっきの公園と同じで比奈知ダムの管理事務所の管轄のようで、同じような立て看板がありました。
ここは、BBQサイトがあり、『キャンプ禁止!!』という文言はありません。
だけど、「夜間21時から、朝8時まで、入り口を施錠します」と書いてあります。
わざわざ見に来ることもないやろ~と思いましたが、やっぱり面倒くさいので、ここもあきらめることにしました。

なんか、いや~な予感を抱きつつも、さらに山奥へバイクを走らせます。
念のためダム湖の周りを走ってみましたが、テントを張れそうな場所がありません。
路肩まで舗装されています。
ぼくは山道の路肩にテントを張ることが多いので、ショックです。

何箇所か公園があるのですが、ここもすべて地面が舗装、もしくはタイルのようなもので塗り固められています。
ぼくはマンション住まいなので、普段カーペットやフローリングの上で生活していますが、実際のところコンクリートの塊の中で生活してるわけで、野宿旅の時くらい土や草の上で寝たいんですが……。

国道368号線を津方面にむかい、さらに走ります。
名張川沿いをひた走りますが、テントを張れそうな場所が見当たりません。
川原に張れないこともないですが、民家が近いのでNGです。
野宿は人目に触れないところでするのが大原則ですから……。

だいぶ疲れてきました。
早よビール飲みたいです。
この先見込みがないと判断したぼくは引き返すことにしました。
何箇所かあった公園のうちの一つでダキョーしようと考えたのです。

一つ一つ公園巡りです。
その中で一番レイクビューが良かった東屋のある公園に決めました。
数百メートル戻らないといけないので、反対車線の路肩にバイクを乗り入れ右ターンをきろうとしたその時!
悲劇がかっぱを襲いました
(つづく)

====================
よければ、ポチッとクリックしてください。
『拍手』も、よろしくお願いします。
====================

[ 2010/09/20 20:02 ] 野宿旅 バイク編 | TB(0) | CM(5)