FC2ブログ
PageTop








津風呂ダム(5)

バイクを野宿地に乗り入れ、大きな車体をもてあますようにして、危なっかしい動きでバイクがとまりました。
ヘルメットを脱いだら、まだ子供みたいな顔をした男でした。

うれしそーな顔をして、
「こんなところで何してるんですか~?」
と、聞くので、
「息ィ~」
と、ベタなボケをかましてやると、困ったような顔をしました。
悪いことしたな~と思って、しばらく話をしたることにしました。
まだ21歳で就職活動中だそうです。
もう、100社以上受けたけど、面接すら、なかなかしてもらえないそうです。
「就職が決まらなかったら、このバイク手放さないとダメなんです」
と、元気がないです。

「まぁ、そんなに悪い方に考えんと。なんか辛いな~て思ったら『死ねへん、死ねへん』と思ったらえぇねん。
おれなんか、転職4回くらいしたけど、仕事ないときは、ぷらぷらしとったで」
と、元気づけてやりました。

「しかもバツイチで、えぇ年してこんなところでテント張ってな。それでも、けなげに生きてるんやで」
と、親しみやすさを強調してやったのに、
「へ~。そんなんでも頑張って暮らしてはるんですね~」
やて。
しばいたろか!!

彼が去ってからは、もう誰もやってこなくなりました。
ラジオを聞きながら酒を飲み続けます。
NHKで「なつかしのメロディ」みたいな番組をやってました。
ライブ形式で色々な歌手がでてきます。
布施明とか、小椋佳とか……。 ← ふる~。

いや~、昔の人は歌がうまいですね~。
音程はずす人、まったくいません。
榊原郁恵が出てきて『夏のお嬢さん』を歌ったのですが、むちゃくちゃ巧かったです!



ラジオの電源を切ります。
とたんに静寂が訪れます……。
と、言いたいところですが、あいかわらず、つくつくぼうしが鳴いています。

きょうはまったく風が吹かないので夜になっても気温が下がりません。
風で木々が揺れるのを見るのが好きなんですけどね~。
湖面を渡ってきた風が木々の間を通り抜けて……。
残念ながら空気はピクリとも動きません。

テントにはいっても、なかなか寝つかれず寝返りばかりうっていました。
メッシュの入口からは、ぽっこりとお月さんが顔をだしていました。
いつの間にか眠りに落ちていました。

翌日4時半に起きて、うちに帰りました。
うちに着いたのは7時前でした。
今回の野宿旅はこれでおしまい。
また、こんどの野宿旅を楽しみにしてください。

====================
よければ、ポチッとクリックしてください。
『拍手』も、よろしくお願いします。
====================

[ 2010/08/26 21:48 ] 野宿旅 バイク編 | TB(0) | CM(2)